出会いサイトでの出会いのコツ

出会いサイトでの出会いのコツ

TOPページ 恋愛・出会い支援サイト > 出会いサイトでの出会いのコツ

出会いサイトでの出会いのコツ

真面目な出会いを対象とした「出会いサイト」が増えてきました。実際の成婚率も上がってきているようです。

真面目に仕事している人ほど職場を出会いの場にはしないし、ネットで良い出会いが得られたらプラスになりますよね。そこで、登録する際うまくいく5つのコツを考えてみました。

プロフィールには写真をのせる

職場の人が見たら困るとか、友達や家族に知られたらどうしようっとか、写真を渋っている方はいると思います。しかし、返事を書くとき写真のない人に返信していますか?

好みとまではいかずとも、文字だけではわからない。勇気を出して写真をのせましょう。不安な人は自分とわからないくらいかわいい(素敵な)笑顔で写りましょう。同僚や友人に何か言われたら「あら?あなたも探しているの?」ってことですよね?

プロフィールは明るく前向きに

元彼(彼女)と別れてから人間不信で…とか、本当に信頼できる人を…などのプロフだとあまりまともな人は寄ってきません。(寂しさにつけこもうとする人がくるだけ)。どんな仕事をしてるか(個人が限定できない程度に)。

好きなこと。そのくらいでいいと思います。嫌いなことはあまり並べないように。身体的特徴はあったほうがいいですね。でも体目当てにならないように、女性は身長くらいでいいかもしれません。

だらだらメールのやりとりはどうなのでしょう?

賛否両論あると思いますが、登録してあるプロフや写真を見て気に入っているのならできるだけ早めに会ったほうがいいと思います。メールが続けば続くほどバーチャルな関係になってしまうからです。

想像が膨らむ前に会って、あれ?こんなかんじ?違うかな?っとか、実物のほうが素敵とか少しでも前に進むことができますよね? きっかけはネットでもバーチャルにしないために早めに現実の出会いに切り替えましょう。

会うには安全第一

早めに会うことが大事と申し上げましたが、会うとなったら、最低限の安全性は確保しましょう。

特に女性は! 最初に会う時は、できるだけ平日、翌日仕事がある時。お酒に強い人は食事と軽く1,2杯もOKでしょう。お酒で記憶を無くしたことのある人は、できれば日曜日(翌日、仕事)、午後3時前後にお茶くらいで、食事やお酒はさけましょう。

翌日仕事があれば、明日は仕事で…っとすぐ退散できます。気に入ったら次の約束をすればいいのですから、初対面の時はできるだけ短い時間にしておきましょう。

気に入ったら、次の約束

気に入ったら、なんとなく「今度は○○に行ってみたいですね~」っと次につながる雰囲気を出しましょう。

もし気に入らないようでしたら、相手も次を探すチャンスをみつけられるよう「それは、ちょっと苦手で…」と断ってあげることも大事。

なんとなく雰囲気でわかりますが、とりあえず次も会ってみたいな~っと思っていれば何かしら話しの中で次につなげましょう。(映画とか、食事とか、お酒とか…)

きっかけがネットでも、会ってしまえば現実のひとつ。あとはお互いの常識しだい。

社会と同じで、お互い不愉快な思いをしないように常識とおもいやりを大切にしましょう。

大手が運営しているお勧めの出会いサイト

出会いサイトで一番気をつけなければいけないのが「安心できるところ」を使うことです。そのためにはやはり大手企業が運営しているところが安心です。

世界24カ国・1500万人の会員がいるmatch.com、大手結婚相談所ノッツェが運営しているe-お見合いなどがお勧めです。


ページトップへ↑