女性から見たモテ男とは

女性から見たモテ男とは

TOPページ 女から見たモテ男 > 女性から見たモテ男とは

女性から見たモテ男とは

スーツ姿と長袖シャツのヒミツ

スーツ姿の男性が好きです。スーツというのは男性をとてもとても素敵に映し出します。

ちょっとお腹が出ていても、それくらいの方がかえって良いシルエットに映ってGOODだったりします。

スタイルの良い男性がスーツを着ていると、それはそれは美しくて、惚れ惚れしてしまいますよね?

そして、上着を脱いだシャツ姿も、なんともいえない色気を醸し出していて、私は好きです。

ですが、1つだけ条件があります。

「シャツは長袖であること」です。

半袖はどうも、「暑いので途中でパツンと切りました」という感じがして、色気も途中でパツンと切られている気がしてしまいます。

長袖シャツのいいところ。それはきっと、男性の長い手を薄い布地でサラリと隠しつつ、キュッと締まった袖口で凛とした印象を見せているところ。

その「サラリ」と「キュッ」に女性はクラッときてしまうと思うのです。

「クールビズでガッカリしている女性が多い」というコラムを、少し前に読んだことがあります。みんなやっぱり、長袖が好きなんです。(ちなみに私の友人も、断固長袖賞賛派です。)

クールビズで半袖姿の男性が増えましたが、やっぱりスーツの下はぜひとも長袖シャツでいていただきたいと思うのでありました。

「おちゃめ」であれ

女性は「母性」というものを誰でも持っています。男性に頼りたい、守られたいと思う一方で、「かわいい」と思うものに惹かれ「守ってあげたい」と思う気持ちを所有しているものです。

この両方を満足させてくれる男性は、まず間違いなくモテると言っていいのではないでしょうか?

私の知っている、あるモテる男性はこんな感じです。

彼は容姿端麗、仕事をバリバリこなし、趣味の世界でも一流の「イイ男」です。知識はあるし話もうまいし、女性のエスコートも上手。一見「完璧」な男性だと思えます。

ですが彼は、整理整頓ができません。片付けるという能力が殆どありません。子どものように散らかしっぱなし。
この「ギャップ」こそが、モテる要素だと思うのです。

完璧な中にある、ほんの少しの「ヌケている」という短所は、不思議なことに女性にとっては「おちゃめ」という長所に変わってしまいます。

全てが「イケている」よりも、ちょっと「スキ」のある男性。そんな男性を、女性は最も愛したいと思うのかもしれませんね。

さりげない「イイ」ものを身につける

先日電車で、ごくフツーの平社員ぽいビジネスマンの方が、「TUMI」のカバンを持っている姿を見かけました。

私はこの方に、「素晴らしい!」と駆け寄って賛辞を贈りたくなってしまいました。

「TUMI」は、機能性とクオリティの高さで有名な、値段も負けず劣らず高い、1つ5万円以上は必ずする、ややもすれば10万円も超えてしまう、高級ビジネス用カバンのトップブランドです。

IT関係の偉い人が持っているのをよく目にします。

何が一番素敵かといえば、このカバン、パッと見ただの「安物かもしれない真っ黒カバン」に見えるところです。

よーく見ると、タグに「TUMI」の文字が入っています。このブランドの主張はそれだけです。

きらびやかにロゴを煌かせるブランドものを持っている男性よりも、無駄な主張のない凛としたブランドものを持っている男性に、私は心惹かれてしまいます。(実は「TUMI」は、女性用のバッグも働く女性たちに人気となっています。ということは、私と同じように思っている女性は、きっと多いのです。)

見えすぎるものよりもチラッと見えるものに、人は色気を感じるといいます。

そんな風にさりげなく「イイ」ものを持っている男性は、きっとモテるのではないでしょうか。

意外な一面をもつ

日頃はごく普通に真面目に働いている方が、意外な特技や趣味を持っていて、驚かされることがあります。

「カラオケに行ったら歌がものすごく上手だった」「書く字がとてもキレイだった」「趣味の世界では超有名人だった」などです。

「○○さんってこんな人だと思ってたけど、こんなすごい一面もあるんだ」、そんな場面に出くわすと私は、その方がキラキラと光って見え、その方のイメージとポイント(失礼な言葉でごめんなさい)がドーンと数ランクアップします。

もちろん私だけではありません。翌日、会社の昼休みに「○○さん、ステキだったよね~」と必ず話題になるのですから、みんなそう思っているのです。

「意外性」というのは、モテる要素の1つだと思います。

意外な一面を垣間見て、「ふ~ん」と思ったその瞬間。場合によってはこの瞬間に、恋愛対象「外」から「内」へ変わることだって、「好き」になってしまうことだって、大いにありうると思うのです。

女性が男性に「惹かれる」きっかけは、それこそ意外なところにあったりするのです、きっと。

挨拶は顔を見てすべし

学校でも会社でも、朝は「おはよう」帰りは「さよなら」「おつかれさまでした」という挨拶を必ずしますよね。

その時に、こちらを見て挨拶を返してくれる人は、とても印象良く映りませんか?

どんなに忙しくても、疲れていても、チラッとでもいいので顔を上げて挨拶してくれる人は、なぜだか「信用できる人だな」と思えてしまいます。

逆に、挨拶をしても何も返してくれない人、こちらを見ずに書類やパソコンを見たままでボソッと挨拶を返される人には、「なんで?」と腹立たしいような哀しいような思いが込み上げます。

もし、気になる彼に挨拶をして、そんな返事しか返してもらえなかったとしたら、きっと多くの女性は「私のことは、なんとも思ってないのね」と判断してしまうことでしょう。

なぜそんな気持ちになるのでしょう。

私が思うに、顔を見て挨拶を返すというのは、たとえ一瞬でも、挨拶をした人の為に時間をとって応えるという「思いやり」を感じることが出来るからではないでしょうか。

何かをしながらではなく、その人に応えるのための時間を持つ。

これが良い印象の元となるのではないかと思います。

新卒用の就職情報誌でも「挨拶は対人関係マナーの基本」とあります。

挨拶をされたら、忙しくても手を止め、顔を上げて相手を見て、挨拶を返してあげてください。


ページトップへ↑