復縁ルールの3つの流れ

復縁ルールの3つの流れ

TOPページ 女性がモテル為の秘策 > 復縁ルールの3つの流れ

復縁ルールの3つの流れ

復縁への道は決して簡単ではありませんが、可能性がないわけでもありません。実は何を隠そう私自身も、復縁成功経験者です。自分の経験も踏まえて、成功のコツを考えてみたいと思います!

別れについて

まず別れ。

実は別れ方は意外と大切。〝潔い別れ〟がキーワードに!復縁を望む方は、振られた側が多いのでその前提になりますが、特に振られそうな場合。

その相手に執着してしがみ付きたくなる気持ちはわかりますが、心から復縁を望むなら、スッパリ!手放しましょう。

〝去る者を追う〟この習性を刺激するためです。自分から振るつもり、もしくは振ったのに、余りにもアッサリと自分の元を去ってしまったことで元彼は(あれ!?)となるはずです。

理由も聞かれなかったし、繋ぎとめられなかった…。別れの惨劇を予測していた彼は、ホッとするのもつかの間、寂しくなってくるでしょう。そしてあなたのことが気になって追ってくるのを待ちましょう。

冷却期間

そして次は復縁希望者の間では常識とも言える〝冷却期間〟の到来です。

この期間、気持ちを冷ますというよりは、落ち着き冷静になりましょう、という期間のようです。

別れて直後はもちろん気分が高ぶっています。彼とよりを戻したいのにも関わらず、メールや電話で、思わず彼を責めてしまい、ネガティブなことを口走りがち。

それらを受け止める相手は大変ですし、こんな女性とはなるべく早く離れたい…とどんどん距離を置かれる可能性も。

ですから、自分の気持ちが落ち着いて明るく連絡が取れるようになるまで、相手の気持ちが落ち着くのを待つ意味も込めて、しばらくの冷却期間を取りましょう。

そしてその間。あなたがすべきことは、充実した日々を送ること!

今まで元彼に割いていた時間、お金など全て自分のために使えるので、やってみたかった習い事や旅行などどんどんチャレンジしてみて下さい。

復縁は確かに以前の恋人とよりを戻すということですが、以前の2人ではうまくいかなかったから別れに至ったので、同じ相手とまたお付き合いするということはもちろんお互いに変化や成長が必要になります。それをこの期間に達成できるといいですね。

具体的なアプローチ

そうして最後は具体的なアプローチです。

ポイントは〝復縁したい気持ちを隠して接する〟こと。

その気持ちがちらつくと相手はまだ未練があるのかと、警戒してしまいます。

ですから〝時間も経ったし私も変わった〟ということをアピールしながら連絡を取ってみましょう。

出来れば最初は誕生日、新年などのイベントから始めてください。

向こうが懐かしがっていれば返事が返ってくる可能性が高いので、そこからもポイントを守りつつ、明るく楽しいメールや連絡のやり取りを続けてみてくださいね。

いかがでしたか。復縁を望む余り、NG行為をしていませんか。

そんなときはもし逆の立場だったら…と考えると分かりやすいかもしれません。もし別れてまでしつこく言い寄られたら、嫌だな。

でも逆に連絡もくれなくなり、どんどん魅力的になっていく元恋人だったら…。また気になるかもしれない!一度好きになった人だからその可能性は大ですよ。以上が、皆さんの復縁成功の参考に少しでもなれば、嬉しいです。

執筆担当:joy

このエントリーをはてなブックマークに追加


ページトップへ↑